Diary
海外、国内サッカーについて雑感綴ってます。


プロフィール

好きなチーム Liver Pool AS・Roma 好きな歌手 BUMP OF CHIKEN Frants Ferdynand

えのちゃん



リンク




最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2007.12.19  Orbital period <<14:28


Orbital period買えました。

まず目に付くのがブックレット。
曲抜きにしてこのブックレットを読むだけでも胸にキュンときます。

そしてvoyagerで星の鳥も王様を実は見ていたんだなということに気付かされ。

星の鳥からの流れでメーデーへ。

才悩人応援歌は久々にBUMPの初期の頃を垣間見れた気がします。
何かがむしゃらというか何と言うか。
単純に最近こういう曲調の曲が少なかったというのもあると思いますが。

プラネタリウム、supernovaときて
ハンマーソングと痛みの塔。
ブックレットに出てくる王様を見事に表していると思います。

時空かくれんぼは過去と今の葛藤をかくれんぼを持ってきて上手く表現してると思います。

かさぶたぶたぶ。
タイトルからして何だろうと思いましたが。
何かコーラスで他のメンバーが参加したのって久々じゃないですか。

この次の花の名が秀逸で。
王様の心情を見事に表してました。

ひとりごとは最初の方で現代人の在り方っていうんですかね。
人から良く見られたいとか世間体ばっかり考えてる今の人たちに多い考え方が上手く書かれてます。
自分もそういう生き方しか出来てないのかなと考えさせられました。

飴玉の唄。
これはラブソングなんですかね・・・?
大切な人といつかは別れなければいけないでもその覚悟が出来ない。
忘れなければ思い出にもならないでも忘れられない・・・
そんな矛盾した思いが歌われた曲だと思います。

星の鳥からの流れでカルマへ。
この星の鳥っていう(インストゥルメンタル楽曲って言うんでしたっけ?)はとても良いと思います。
何かメーデー、カルマにもう1つ意味が加わったっていう感じがして。

arrows
このアルバムの集大成と言っても良いかもしれません。
王様と動物たちの物語の全てと言っても良いくらいの作品です。

涙のふるさとの意味がやっと理解できたような気がします。

最後のfrybyで物語が完結すると・・・多分また戻ってくるんでしょうけどね。

frybyっていうのは星の重力を利用してエネルギーに変えるっていう衛星を打ち上げる時にやる方法みたいです。

隠しトラックのbelieveはトトロ以来の良い意味でグダグダしてて良い感じです。

自分なりの感想でした。





スポンサーサイト


No.362 / 日常 / Comment*1 // PageTop▲

← 本当の私、デビュー!! / Home / ブンデスリーガ ブレーメン×レバークーゼン →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する


お金無くて買えない俺にも聞せてくださいw

曲より本が気になるgenneiでした
2007.12.20(23:33) / URL / gennei / [ Edit ]


 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。