Diary
海外、国内サッカーについて雑感綴ってます。


プロフィール

好きなチーム Liver Pool AS・Roma 好きな歌手 BUMP OF CHIKEN Frants Ferdynand

えのちゃん



リンク




最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2007.11.03  ナビスコカップ決勝戦 川崎F×G大阪 <<12:30



寒空の下観戦してきました。
両チームサポのテンションが上がってきた所でのオーロラビジョンでのナビスコのCMもうちょっと空気読んでも良かったんじゃないのかな~と思ったり。
結果としてはガンバ勝利でしたがどちらが勝ってもおかしくなかった試合でした。

今回の試合に注目ポイント。
・高速FW×長身DF。
・サイドの攻防。
以上の2点です。

・高速FW×長身DF
川崎Fは佐原、箕輪、G大阪はシジクレイ、山口と同じようなタイプのセンターバック。
攻撃面もジュニーニョ、郭大世、G大阪はマグノ・アウベス、バレー。
どちらも機敏なFWと長身のDFを擁している。
そのスピード、高さにどうやって対応していくかが試合の鍵を握る。
前半の立ち上がりはG大阪全体が少し落ち着きを欠いていたせいもあってかシジクレイがジュニーニョの対応に手を焼くシーンが多かった。
一方の川崎DFはしっかりと対応していたというよりは前線の選手がパスの出し手にしっかりとチェックに行っていたのが大きかった。
試合が進行してくるにつれG大阪も落ち着きしっかりと対応できるようになったがそれでも今日のシジクレイはひやひやさせられるシーンも多かった。
川崎Fの方はバレー、マグノの2人がサイドに流れ出したこともあって中盤の選手の飛び出しをケアする必要があったがしっかりと抑えていた。
つまりセンターラインの攻防では川崎Fが優勢だったと自分は思う。

・サイドの攻防。
決勝点がサイドから決まったというのもあるが今回の試合はサイドからの展開が鍵を握っていた。
特に川崎Fはサイドバックが積極的にオーバーラップを繰り返しサイドから攻めG大阪のサイドバック安田&加地がそれを受けていた。
G大阪も加地は自陣で受けたら前の動き出しが遅いというのもあったがセンターに戻すというのが目立っていた。
左の安田は守備にも参加し積極的に攻め上がっていて流石ニューヒーロー賞といったところ。
しかしこの攻め上がりを中々いかせていなかった。
決勝点はバレーがサイドに流れグラウンダーのクロスを上げこぼれた所に安田が飛び込んだ。
この再三の攻め上がりが功を奏した瞬間だった。

総括
今回の試合ではシュートシーンがそれほど多くなかった。
やはり決勝戦ということで両クラブとも真ん中を固めてきたというのが大きな要因。
普段はオープンな戦いをする両クラブなだけにサイドでの戦いは目を見張るものがあった。
川崎はマギヌンが出場停止というのが痛かったのか大橋は殆どゲームから消えていた。
谷口も積極的に上がってきていたがゴールに結びつくシーンというのは少なかった。
そういった点が勝敗を分けたのかなと思います。
スポンサーサイト


No.341 / 日常 / Comment*0 // PageTop▲

← UEFACLグループリーグ 4節 / Home / UEFACL GL グループG CSKAモスクワ×インテル →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。